お役立ち情報 

空き家の放置は損だらけ!手放すべき理由と活用法まとめ

空き家問題

昨今、ニュース番組などでも特集を組まれる機会が増え、よく耳にするようになった“空き家問題”。さまざまな事情から誰も住まなくなった物件を空き家としてそのまま放置していると、持ち主に大きな損が降りかかる可能性があることをご存じですか?

結論から言えば、空き家をそのままにしておくことにはデメリットがたくさん。経済的な問題が発生することもあれば、ときには事件に巻き込まれることだってあるのです。

ここでは空き家を放置していることで起こり得る事柄の数々を取り上げるとともに、空き家を手放す際の選択肢についてまとめます。

 


【目次】

1 空き家を放置するとかかるお金のアレコレ

2 まだまだある!空き家を放置することによりデメリット

3 空き家を手放す方法と選択肢は?


 


空き家を放置するとかかるお金のアレコレ


平成30年住宅・土地統計調査の発表によると、全国の空き家の数はおよそ846万戸。全住戸のうち13.55%が空き家であるという結果が出ています。これを聞いて空き家の数に驚いた方も多いのでは?

空き家ができてしまう理由はさまざまで、賃貸活用や売却を検討中で一時的に空き家になっているものもあれば、別荘で普段は人が住んでいないという物件もあります。また、住人が亡くなったなどの理由により住宅が放置され、そのまま空き家になっているという場合も考えられるでしょう。

住人がおらず空き家となっている物件でも、そこに建っている時点で固定資産税と都市計画税は毎年払うことになります。加えて、その空き家が完全に放置され管理すらされておらず、廃墟と化している場合には、自治体から「特定空家」に指定され、さらに固定資産税を上乗せされてしまうことも。

住む予定がない空き家を放置することは経済的に大きな損を生むことが、この時点でお分かりいただけたのではないでしょうか。

 


まだまだある!空き家を放置することによりデメリット


「家は人が住まないとすぐに傷む」という話を聞いたことはありませんか?これには理由もあり、換気がされないことにより室内に湿気が溜まる、人の気配がないため害虫や害獣の住み家になるといったことが原因といわれています。

実際に物件が劣化してしまえば、すぐに人が住むことはできません。また住宅として活用するために修繕するとなると、高額な費用がかかることも考慮しなければならないでしょう。

加えて、空き家は空き巣や放火の被害に遭う可能性も高まります。雑草がボーボーに伸び、倒壊の心配があるような状況では、近所の方からクレームが入っても無理はありません。このように、空き家を放置することはさまざまなトラブルの原因となり得るのです。

 


空き家を手放す方法と選択肢は?


今後も人が住む予定のない空き家は、思い切って手放すことを検討しましょう。選択肢としては売却、賃貸活用、解体などが挙げられます。

売却の場合は、物件の状態がよいのであれば住宅ごと売却するほうがスムーズに成約まで進むことも。反対に物件が古いのであれば、更地にしてからのほうが高く売却できる可能性もあります。

なお、固定資産税はその土地に物件が建っていれば6分の1になるという決まりが。要するに更地にすれば税額が6倍になるため、なかなか売れないまま翌年を迎えてしまうと、高額な税金を負担する羽目になることも忘れないでくださいね。

今回ご紹介したいずれの選択肢を取る場合にも、まずは信頼できる不動産会社にご相談されることがおすすめです。

大阪府枚方市と交野市に店舗を構える住宅大情報館は、地域に密着して15年以上、さまざまなお客さまのご要望にお応えしてきました。空き家の売却や賃貸活用のご検討、売買やリフォームに関するご相談も、ぜひお気軽にお問い合わせください!

空き家問題